ヒト幹細胞培養上清液療法の気になる費用

具体的な治療方法と効果は?

ヒト幹細胞培養上澄液療法とは、皮膚再生医療やアンチエイジング治療の一環として注目を集めています。
幹細胞を培養するときに分泌される成長因子や細胞活性物質であるサイトカインなどを含んだ豊富な培養上澄液を直接体内に取り入れ、浸透させてアンチエイジングや皮膚再生を促すのが特徴です。

体内で加齢や環境とともに衰えてしまっているコラーゲンやエラスチンなどの生産をサポートし、しわ・張りなどの弾力を取り戻すためのサポートをはじめ、やけどや傷跡などが早く治るなどの効果も期待できます。
免疫調整作用も期待できるため、免疫力が衰えてきた肌を回復させる可能性も高いです。
抗炎症・抗酸化作用もあるといわれていますが、効果には個人差があります。

治療は注射や点滴で上澄液を注入するため、注射したところに赤みや腫れ、小さな傷が数日残る副作用を感じる可能性も少なくありません。
また、ごくまれにめまいや耳鳴りなどを感じる人もいるため、治療前に医療機関で医師とよく話し合うことが重要です。

幹細胞培養上澄液の治療費は?

ヒト幹細胞培養上澄液の治療は自由診療であるため、美容のための治療の場合、保険適用されません。
そのため、ヒト幹細胞培養上澄液を注射あるいは点滴を行うとき、全て自費で支払う必要があります。
費用に関しては幹細胞培養液のピン1つ当たりの値段で設定しているところや、1㏄当たりの値段で設定しているところなど様々です。
平均的に1回の注射は4万円から5万円前後とされています。

基本的に保険適用されていませんし、民間の自由診療保障型保険でも対象外となっているため、事前に確認をして納得したうえで治療を行うことが重要です。
幹細胞を使った治療は大変効果が高いと実感している人もいますが、継続して治療を行うときには事前に医療機関へ相談して納得できる治療を行うことが効果を実感する上で必要となります。

医療機関によっては複数の階数を実施する患者に対しては、割安な価格で治療を行えるようにしているところもあるため、参考にしてください。

まとめ

幹細胞培養上澄液のちりょうはアンチエイジングだけではなく、やけどやけがなどの傷を回復させる効果も高いと期待されています。
肝臓病や糖尿病の治療にも効果が期待できると、採用している医療機関も少なくないです。

1回あたりの治療費は4万円から5万円前後とされており、保険が適用されないため、自費治療となります。
民間の保険でも再生医療に関してはサポートしていないため、納得したうえで治療を行うことが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。