ヒト幹細胞培養上清液療法の効果

ヒト幹細胞培養上清液とは

ヒト幹細胞培養上清液とは、ヒトの体内に存在する幹細胞を培養し、その培養液から細胞や不純物を取り出して減菌処理などをおこなった上澄み液のことです。
幹細胞は分化と自己複製能力をもつことから再生医療に用いられていますが、その幹細胞を増やすには幹細胞を採取し培養液の中で培養する必要があります。
培養して増殖した幹細胞は点滴や注射で体内の中に戻すことで、損なわれた細胞に分化して機能を回復させることに役立ちますが、その培養過程でできるのがヒト細胞培養上清液です。
安全面を危惧するかもしれませんが、培養過程で生じる不要な細胞や不純物は徹底して除去されるので心配はないといえます。
こうして生成された上清液にはさまざまな成長因子が含まれています。
その種類も多く、それぞれに血管新生や抗炎症作用、皮膚細胞の再生といった効果があります。
こういった効果に着目して治療目的ごとに成長因子を選び、用いるのがヒト幹細胞培養上清液療法です。

ヒト幹細胞培養上清液の投与で期待される効果

ヒト幹細胞培養上清液は複数の成長因子を含んでいるため、治療目的ごとに適した成長因子を投与しますが、期待される効果は次の通りです。
まず加齢や老化が原因のしわやたるみといった肌の衰えに対する効果です。
従来の化粧品や美容液は不足しがちな成分を補うものでしたが、培養液は肌のターンオーバーを活性化させることで再生を促してくれます。
薄毛やAGAの改善効果も期待されています。
頭皮に培養液を注射することで毛母細胞と周囲の細胞を活性化させ、毛髪に栄養が行き渡りやすくします。
ヒト幹細胞上清液には血管再生作用のある成長因子が含まれていることから、動脈硬化やEDの改善にも効果を期待されています。
細胞の再生に働きかけることで動脈硬化を改善させ、血行を促進することでEDの改善も促します。
また抗炎症作用があることから糖尿病の治療にも効果を期待されています。
糖尿病は膵臓の機能が低下してインスリンが不足することが原因ですが、膵臓機能の修復を助けることで症状の改善につなげ、結果として全身の炎症を抑えます。

まとめ

幹細胞を培養する過程で生成されるヒト幹細胞培養上清液にはいろいろな成長因子が含まれており、様々な症状に効果を期待できることがわかりました。
従来の症状改善は足りないものを補う、不要なものを取り除くことが中心でしたが、ヒト幹細胞培養上清液療法は、衰えた細胞を活性化させることで自ら再生する力に効果を期待するものです。
いろいろな症状の改善が望めるヒト幹細胞培養上清液療法ですが、治療の仕組みや効果、副作用は人それぞれなのできちんと説明を聞くことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。